• フラットな心で障がい者とともに

ヨコハマSDGsデザインセンター」(*下記) コーディネーターの麻生智嗣様を講師にお迎えし、スタッフ向けにSDGs(持続可能な開発目標)のウェブ研修を行いました。

「おからさん」ではもともと廃棄されることが多いおからを事業コンセプトとして、カフェではおからを使ったランチやデザートをご用意しております。また、アトリエでつくる革製品(例えばこちら)には余った革を再利用、最近取り組み始めたジーンズ製品(例えばこちら)も新古品等を再利用しています。「私が欲しいもの」「もったいないという発想」から生まれたものですが、「〇〇デパートに並べても売れるもの」のバリューとクオリティを目指して商品開発をすすめております。

スタッフは日頃からSDGsに興味のある者が多く、このたび念願叶い研修を受けることができました。麻生様より、そもそもSDGsとは何か、から手ほどきを受け、世界各地の事例をご紹介頂いたり、今後の発展につながるヒントを盛りだくさん頂戴しました。

今後も定期的に打ち合わせを重ねていき、私どもも微力ながら社会貢献できるように心新たに精進してまいります。今後もおからさんのご指導をどうぞよろしくお願いします。麻生様、貴重な機会を誠にありがとうございました。

そしてこれを読んでくださっている皆様、皆様にも是非知っていただきたい情報をご紹介します。

国連広報HPより「すごろくでSDGsを学ぼう

*ヨコハマSDGsデザインセンター
「SDGs未来都市・横浜」の実現を目指し、環境・経済・社会的課題の統合的解決を図る、横浜型「大都市モデル」の創出に向け、多様な主体との連携によって自らも課題解決に取組む中間支援組織)
(より詳しくはこちら

<ご参考>
「おからさん」の SDGs の取り組みサイトはこちら