• フラットな心で障がい者とともに

【おとなの部活動@菊名 特別企画】
二胡演奏会を開きました(2019/2/26)

アトリエおからさんでこのたび「二胡」(にこ、中国古来の二弦の擦弦楽器)の演奏会を開きました。演奏はグループ「飛鳥(あすか)」の阿部さんと鈴木さん、おからさんでは2回目の出演です。

高音、低音用2本の弦の間に挟んだ弓(馬のしっぽ使用)をバイオリンのように擦って弾くもので、棹(さお)や胴は黒檀製、硬く、木の密度が高いほうが音色が良いそうです。胴(共鳴箱)の表にはニシキヘビの皮が使われ、裏側は竹製で六角形または八角形の幾何学模様が美しいです。

懐かしい歌謡曲、民謡などの演奏の途中で、飛鳥のお二人はお客さんに実際に二胡を弾いてもらいながら、この楽器がいかにユニークで、複雑な音色を奏でるものか、丁寧に説明してくれました。

最後は(最近学校では歌われなくなったのが残念な)「仰げば尊し」を、そしてアンコールにこたえて「涙そうそう」で約1時間の演奏会はお開きになりました。

おからさんでは、好評におこたえして、改めて「飛鳥」の皆さんの二胡の演奏会を開く予定です。どうぞご期待ください。

(菊名西口商店街「アトリエおからさん」にて。2019.2.26)