• フラットな心で障がい者とともに
「アートの力で多様な人々の出会いと協働の機会を創出し、 誰もが居場所と役割を実感できる地域社会の実現に貢献する」というヨコハマパラトリエンナーレ。3年に1度、過去2回開催してきた実績をもとに、今年2020年は、これまでに積み重ねてきた創作とパフォーマー/支援人材育成の集大成を披露するとともに、そのノウハウや実績を地域や日常にも展開していこうというものです。
「おからさん」は前回(2017年)は象の鼻テラスの特設会場で賑やかにおからバーガーおからタルトを販売させていただきました。(右上、左下コーナーの写真)

そして、今回は 【whitescaper(ホワイトスケーパー)】という作品作りで参加します。プラスチックの糸を手で編み、造形物を作っていく作業です。自由製作だからみんなの「イマジネーション」がわきまくりです。横浜のさまざまな学校、施設で作られたパーツを繋いで、「インスタレーション作品」に仕上げ、この繋がった作品は、コア期間(11/18~24)に横浜市役所新市庁舎に展示されるというのです。

素敵じゃありませんか。今からもう楽しみです。みんなで頑張ります!

(前回2017年の展示風景)

(おからさんではさっそくメンバーさんが張り切って制作中です)
(菊名西口商店街「アトリエおからさん」にて。2020.9.18)