• フラットな心で障がい者とともに

障がい理解の為に

過日、脳性麻痺で車イスにのり、ひとり暮らしをしている田所 淳さんがご自身の生い立ちから生活、仕事のことを赤裸々に話してくださいました。

 

 

「最後まで話を聞いてください」「少し聞いただけでわかったふりをしないでください」という言葉が心に残っています。

参加した方々より

「誰の言葉より当事者の声が説得力があった」

「障がいのあるひとの暮らしかたはほとんど知らなかったからとても勉強になった」

「当事者の話を聞く機会がもっとほしい」

という声を頂きました。

田所さん、ご協力下さった港北区社会福祉協議会の皆様、ありがとうございました。