• フラットな心で障がい者とともに

 

 

 

 

 

 


おからさんでは、NONNON Cooking Salon 主宰の高橋典子先生にお料理やお菓子の監修をお願いしています。

そして、高橋先生が進めている NIPPONおからプロジェクト に賛同しています。

以下 NIPPONおからプロジェクト 代表 高橋典子先生のホームページより引用します。


今、おからの使い道は飼料>肥料>廃棄>食用

日本全国で1年間に10万丁以上作られる豆腐から65万トンものおからが生成されます。そのうち飼料になるのが42万トン、肥料になるのが16万トン、食用とされるものはわずかに5000トン、そして約2万トンが廃棄されているのが現状です。

以前は、町のお豆腐店でおからを入手する事が容易にできましたが、約50年前には5万軒あった全国のお豆腐店が今では8000軒台にまで減少し、商店街も年々消滅。新鮮なおからを販売するお豆腐店自体が減少したことで、おからは消費者の手に届きにくくなってしまいました。

おからも栄養を多く含む「食材」です

今や豆腐は日本国内だけでなく世界中で「TOFU」として広く使われるようになってきました。世界各国で豆腐や豆乳が生産されれば、そこでは必ずおからが生成されます。しかし多くのおからが廃棄されているのが現状です。おからは単なる搾りかすと思われがちですが、実は、たんぱく質や食物繊維などの栄養分を多く含む、非常に優れた食材なのです。しかも安価。そして産業廃棄物として処分されている事を考えると、環境面からも食用にする事はプラスになります。それにも関わらず、食用とされている分がごくわずかしかないという現状は、あまりにももったいなく、残念なことです。

おからでおいしく​健康に!

この問題を解決するためには、消費者がもっと積極的におからを食べられるよう、おからの栄養について理解を深めるための食育活動と、今までの概念を崩す、全く新しいイメージの様々なおからの食べ方を知ってもらうことが重要だと考えます。そこで私が主宰する「NIPPONおからプロジェクト」では、皆様に新しいおからの食べ方、使い方の提案をしています。今現在、NONNON cooking salonを始め、地方自治体や小学校から大学など教育機関での食育講座、食品メーカー・小売での商品開発の協力、飲食店でのメニュー開発、自治体や各種団体、企業内での講演、セミナーなど幅広く普及活動をしています。
​(2017年11月に「NIPPONおからプロジェクト」と名称を変更しました。旧名「NIPPONおから普及プロジェクト」)

      (高橋先生の最新刊「おからパウダー」 日経おとなのOFF編集 2019年4月23日発売)

私たちおからさんでは、この高橋先生の「NIPPONおからプロジェクト」のお考え、活動に賛同して、日々のおからさんの事業運営に努めています。